News in Levels 今日のお題はこちら
Police saved a little girl

このレッスンに慣れてきたら、Level1 は飛ばしても良いかと思う。
というか、飛ばした方がフリートークの時間が増えるのでその方が良い。

そして今日、改めていつもの先生の授業の進め方は良いなと思った。
1段落毎に読み進めて分からない所を聞いてくれるのだ。
とある先生の場合、全部読んでから 「 分からない所は? 」 という進め方で、その場合僕が ” 分からないところ ” を憶えてないのでもう一度読み返さないといけなくなる。そうすると沈黙がいやなので適当に 「 大丈夫です 」 みたいな感じで飛ばしてしまう事もある。

今日は楽しかった。英語で意見らしいものが言えたので。

時折先生が教科書に無いような表現を使うと聞き返さないといけなくなるけど、それも楽しめるように早くなりたい。


最近の自主学習方法としては、Solar plane - level 3 をウォークマンの1曲リピートで通勤時間にずっと聞いている。
ただ聞くだけじゃなくて、単語が分離して聞き取れる様にある程度意識を集中して聞いている。
また、テキストを印刷した紙をカバンに入れて持ち歩き、単語が不明瞭になった時に確認している。
これで期待しているのは、英語に対する慣れだ。単語のリスニング力はもとより、文法も体得できるような気がする。
でも、根は詰めない。飽きたらアニソンを聞いたりしている。


■ レッスンメモ
employer : ボス
employee : 従業員

They offered the man some cash.
offer は申し出るだけじゃなく提供するという意味も。
じゃあ、「 提供を申し出る。 」 は…?

They told the man to help her with her shoes.
誘拐事件の話だから、どうしても help と見ると 「 (女の子を)助ける 」 という頭になってしまって、訳が分からなくなる。「 彼女の靴で助ける??? 」
ここでは 「 靴を履くのを手伝う 」 と言ったところか。
英語の ” 省略 ” に早く慣れたい。

(会話の中で)
What can you say about the man?
僕の苦手なタイプの文だ。なぜだろう?
can you say の対象を探してしまうのかもしれない。つまり ” 誰に対して言うの?男に? ” みたいな。
日本語でも 「 ~について言える事は? 」 は普通に使うので同じ事なのだけど、英語ではまだ慣れない。

Is the man bad or not?
これもすぐに理解できなかった。
文字に起こしてみれば一目瞭然だけど、会話の中で突然出てきたらちょっと面食らう。なぜだろう?文が短いからか頭の中で理解しようとする準備が整わないのかな?