ご注意

・ この対策をしなくてもバラして組み直すだけで治る可能性が有ります。
・ ここで書いている行為を行うとメーカー保証が無くなります。
・ 当然ですが僕は保証できません。
・ 通常の精密機器以上に内部は軟弱で、取り扱いによっては製品を壊す可能性が有ります。
・ 詰め物に消しゴムを使っていますが、消しゴムは他の樹脂を溶かします
・ ペン内部に固定されていない小さな部品があります。


経緯

僕が購入した intuos5 のペンは最初からガタついていました。
ペン先を指で押すと消しゴム側が少し飛び出します。
ペン先を板に押し付けると 「 カタッ 」 という筆圧とは関係のない感触が有ります。
これは非常に描き味を損なう為、今までは消しゴム側が飛び出さない様にセロファンテープで完全に固定して使っていました。
しかしこれでは、
・ テープにゴミが付着して汚い。
・ 消しゴム機能が使えない。
という弊害が有り、どうにかせねばと思っていました。
( とは言っても僕は消しゴム側を使わない人なのですが )


どうやって治すか

分解して検討した結果、消しゴム部品の中にスペーサを仕込んで隙間を無くす方法にしました。
ここで一番問題なのは 「 何で埋めるか 」 です。
・ ペンの中に仕込める
・ 加工が簡単
これらを解決しそうな物を探して机の中などを漁った結果、ノック式消しゴムの替え芯を使う事にしました。
包装を消失していて商品名が分からないのですが、径は 4.8mm 程でした。
wacomペンガタツキ治す01


ペン分解時の注意

消しゴム側に極小コイルバネが2個存在します。
それらは一切固定されていないため、不注意に分解すると飛び散って無くしてしまう可能性が有りますのでご注意ください。


対策の手順

1. 消しゴムを薄い輪切りに

まずは消しゴムを必要な薄さの輪切りにします。
僕が2回動作検証した結果、0.35mm でうまく動作しました。
0.45mm では消しゴムが常に軽く ON の状態になってしまい NG でした。
ただ、この辺りは組み方で変わってしまう可能性が有る為、本当に 0.05mm の精度が必要かどうかは分かりません。
wacomペンガタツキ治す02
真っすぐ切れる様に工夫した方が良いと思います。
僕は L字型のアルミの塊が有ったのでそれを使いました。
wacomペンガタツキ治す04


2. 中心に穴を開ける

輪切りにした消しゴムの中心に穴を開けます。
これはコイル状のバネを中央に保持しておく為 ( と思われる ) の突起が存在する為、消しゴムと干渉させない為の穴です。
ピッタリの小さな穴よりは和同開珎みたいな適当な四角い穴の方が良さそうです。
wacomペンガタツキ治す03
この写真の物は、最終的に使用したものではありません。

3. 消しゴムの片側に両面テープ

和同開珎の片側に両面テープを貼ります。
要らない部分は切除して下さい。
中心部分はバッテンに切って開口して下さい。
wacomペンガタツキ治す05
両面テープを使うと組みやすくなると共に、プラスチックの侵食を防ぐ効果も期待できます。

4. ペンに貼り付け

両面テープのはく離紙をはがし、ペン部品のコイル側に中心を揃えて貼り付けます。
wacomペンガタツキ治す06
wacomペンガタツキ治す06-2

5. ペンを元に戻す

後は元通りに組み直してください。
絶対に無理な力は禁物です。
特に以下に注意して下さい。
a. 上下の筐体を合体させる前に描画用のペン先が筐体から出ている事。
b. 消しゴム側の筐体には基板用のガイドが有るのでそこに基板を通す事。

螺旋状のバネ×2と消しゴムとの位置関係は以下の図を参考にしてください。
intuosペンガタツキ修正図



本当に効果が有るのか

今現在はペン先を指で押してもガタつくことは有りません。セロファンテープ無しでも快適に描画出来るようになりました。ただ、本当にこれらの作業の結果そうなったかどうかは分かりません。それは、
a. 当初指で押してガタついていた幅は 0.35mm 所ではなかった気がする。
b. ネットで検索しても同様の不具合が見られない。
という理由からです。
もしかすると以前は組み立てが不十分で、組み直している間に正常な状態に戻った可能性が有ります。
でも、スペーサーを入れて問題なく使えている事からすると、不具合が有った可能性も有ります。
今となっては分かりません。


まとめ ( と愚痴 )

この記事を書くにあたって Wacom のペンをググっている内に、Amazon で多くのマイナス評価を目の当たりにしました。
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー ワコム Intuos Cintiqオプションペン 標準ペン KP-501E-01X
僕自身はペンが壊れたことは無いですが、ドライバの動作の悪さには辟易する事が多いです。
( 因みに僕は Intuos2 からのユーザーで現在までに3枚購入しています )
最近は中国製液晶ペンタブがとても安価で手に入る様で、使い心地も悪くない様子です。恐らく今後はライトユーザー層を中心にシェアが奪われていく事でしょう。
あまり殿様商売をしていると足元をすくわれるのも時間の問題となってしまいます。良い商品を作っていると思うので、もっとユーザーの立場に立った商売をした方が良いのではと思います。